まだ広がるスプレッドに悩んでいるの?その悩みヒロセ通商が解決。

スポンサーリンク

ヒロセ通商から郵便物が届きました。

開けてみると、なかには何枚か紙が入っていました。



謝罪 「いままで、ごめんね。」

これって本当にどうにかならんか!

という紙が入っていました。

ヒロセ通商とは

ヒロセ通商、正式名称ヒロセ通商株式会社は2004年に設立され、その後FXを提供しています。また、2016年3月にジャスダックに上場しています。

ヒロセ通商はLION FXの会社です。
LION FXは非常に使いやすく、約定力・スプレッド・アプリなどどれをとっても優秀です。

毎月のキャンペーンの方が有名かも

ヒロセ通商は優秀なFX業者ですが、それ以上にキャンペーンが有名です。
取引すればするほどもらえる食品の量が多くなります。
一部では、ヒロセ通商は食品会社なのでは?と噂されるほど。
たまにTwitterなどで食べきれない量のキャンペーン商品をもらっている人を見かけます。

記事執筆時にはラーメンのキャンペーンをやっていました。

注文方法の数が半端ない

ヒロセ通商は注文方法の数がすごく多いです。
その数、なんと25個。

注文方法についてーヒロセ通商ー

よく見る成行、指値、OCO注文なんかはすべて当たり前のようにあります。

時間指定成行注文・時間指定指値(逆指値)注文

指値(逆指値)注文と時間を指定し、指定した時間までに指定レートに達しなければ指定した時間に成行注文が発注される。

金額指定全決済注文

レートなどに関係なく、口座全体の評価損益又は、有効証拠金を基準に決済することができる。

トリガー注文

「○○円になったら、指値を発注する。」というように、ある条件をクリアするまでは指値、逆指値注文を待機中としておくことができる。条件をクリアすると、待機中が注文中となる。

BID判定買(ASK判定売)逆指値注文

不要なスプレッド狩りを防止できる注文方法

BID判定買逆指値はBIDレートが指定レートを超えた場合に買成行注文が、ASK判定売逆指値はASKレートが指定レートを超えた場合に売成行注文が発注される。

あなたはこんな経験ありませんか?

相場がこれから上昇すると予想し、買い。
 ↓
念のため、逆指値注文をいれておく。
 ↓
安心して、寝る
 ↓
翌朝、チャートを見ると予想通り上昇。
 ↓
わくわくする気持ちでポジション画面を見る
 ↓
利益が出ているはずのポジションがマイナス決済されている
 

私はあります。あのわくわくした気持ちから一変。
うそだー!!!と叫びそうになります。

そう、夜中に急にスプレッドが広がって、設定しておいた逆指値に引っかかったのです。

このBID判定買(ASK判定売)逆指値注文はそんな事態を回避してくれる便利な注文方法です。

私はヒロセ通商から郵便が来るまで全く知りませんでした。

なぜそんなことが可能なのか?



それは、通常注文の逆指値は買いはASK、売りはBIDのレートが基準になります。

しかし、このBID判定買(ASK判定売)逆指値注文は

売りはASKのレートが基準でASKが指定したレートに達した時点のBIDレートで約定します。

買いも同じように

買いはBIDのレートが基準でBIDが指定したレートに達した時点のASKレートで約定します。

つまり、スプレッドが広がっても逆指値には、刺さらなくなるのです。

この方法を使えば意図しない逆指値注文は成立しなくなります。

通常、スポレッドが広がると、買いと売りの差が広がります。

そのため、売りのレートは下に、買いのレートは上に広がります。

買いで逆指値をいれた場合は、その逆指値は今のレートの下に設定されます。

この注文方法では、スプレッドが広がったときに通常、下に広がった売りのレートで注文成立するところを買いのレートだけを見ます。

そして、買いのレートが設定値に達したときの売りのレートで注文を成立させるのです。

これで、スプレッドに狩られて、翌朝に残念な思いをせずに済みますよ。

BID判定買(ASK判定売)逆指値注文とは

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク