つみたてNISAの支払い方法を変更します。

スポンサーリンク

楽天証券は楽天ポイントで投資信託をつみたてで購入できるようになったようです。
さらに、楽天カードで投資信託を購入すると、1%のポイントが獲得できるとのニュースもありました。


どんどん楽天証券で投信を購入するメリットが増えてきています。


このような改善は大歓迎です。


楽天カードでつみたてポイントが貯まるようなので、今楽天銀行で毎日つみたて設定にしてあるのは11月から減額することにしました。


なせ減額かというと、毎日つみたてを解除してしまうと、楽天銀行のポイントプログラムでVIP待遇がはずされてしまうからです.


わたしの現在の会員ステージはVIPです。
会員ステージVIPの条件は、“残高100万円以上または取引20件以上”です。


わたしの現在の楽天銀行の残高は、かなしいかな15万円。


銀行残高で判断すると、アドバンストと同じです。


そのため、楽天銀行からのつみたてNISAを毎日つみたてから毎月つみたてにするとアドバンストに逆戻りです。


ATM無料回数が月5回→1回になる、楽天ポイント獲得倍率が3倍から1倍に変更となり、かなり痛手です。


そのため、毎日つみたては最低投資金額の100円で継続し、別で楽天カードでの毎月つみたてを開始します。


他の証券会社もどうようのサービスを開始するかもしれませんが、わたしは楽天証券で投資信託を今後も買い続けていきます。


ポイントでつみたてNISAが買えるので、楽天ポイントを大量に貯めるためにSPUの利用はかかせません。



SPUでさらに+1倍になる条件が追加されました。


それは、楽天証券で500円以上のポイント投資で+1倍というものです。


この500円というのは、1ポイント以上のポイントを使っての500円以上の投資という意味です。


なので1ポイント+499円=500円でも+1倍になります。


これで、楽天はさらに投資家を引き込むことに成功するでしょう。


条件が良すぎて、来年とかに改悪する事態にならなければいいのですが。


リクルートカードプラスがはじめてはnanacoチャージでもポイントが貯まったのが、ある程度期間が来たら改悪になった事例もあるので、本腰を入れて喜んでいいのかわかりません。


しかし、ユーザー目線で見ると、こんなにいい事があるのかというくらいに良いことなので、いまは歓迎してありがたく楽天ポイントを投資にまわそうとおもいます。


逆に改悪になるとしてもそれまでにポイントをしっかりと入手しておけばいい話です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク